2017年05月30日

当院では外傷などの患部に対し氷水を使った自然冷却療法を行います。

氷は解ける際の温度つまり融点は0℃です。この温度であればやけずる事はありません。だだし氷の表面の霜はエネルギーが大きいので洗うなど注意が必要です。

炎症症状とは腫れたり、赤みをおびたり、熱を発します。痛みをやわらげるにはこの炎症症状を抑える事が大切です。自然冷却療法は熱の交換を行うには最適かつ安全な方法だと考えます。

当院では自然冷却療法と患部を自然治癒しやすい状態に整復する手技療法を中心とした施術を行います。

DSC_0618

DSC_0615